共栄溶材株式会社

 ホーム       会社案内       事業案内       お問い合わせ  

事業案内

加工完成後の成分及び含有量

ホウ酸トリメチル[B-(OCH3)3]  50%〜60%
メタノール    [CH3 OH]    40%〜50%

◇ドラム(20L)◇ドラム (200L)

ホウ酸含有量5〜6%  品種(Aタイプ、他)によりアセトン少量を混ぜる

サイトマップリンク  プライバシーポリシー 

共栄溶材株式会社 TEL 046-281-2931

可燃ガス名 使用二次圧 MPa ガス使用量 Kg エバックス使用量 g ガスの価格 Kg
 プロパン   0.07〜0.09    15      3.5    300円
アセチレン     7    2000円

仕込み時の配合成分、含有量(重量%)

拡大写真

メタノール     CH3OH   70〜80
無水ホウサン   B2O2     10〜20
活性剤               5〜10

◇試作品(500t)◇ガロン(3500t)◇5L (5000cc)

液体気化フラックス (エバックス) 

エバックスを可燃ガス(プロパンガス、他)とタンク内で混合させると火口の炎は特性効力を
有した緑色の酸化防止炎となり
広い活性温度範囲で優しい洗浄を行い、ロウ材と
母材の濡れ性、親和力を高める、ロウ付後の残渣は 非腐食性で加熱部に多くの
効力が発生する アルゴンガス(TIG)溶接に似た特性を有する。
またエバックスはガスフラックス及びベーパーフラックスと同じ用途品です。  

 諸性質 
比 重  0.84〜0.88   
沸 点   55〜69℃
消 防 法  危険物第4類 第1石油類

エバックス3.5gに対し可燃ガスの参考使用量

 [資料] 母材金属は鉄×鉄  (鉄=低炭素鋼) ロウ材は黄銅ロウ

エバックスの特性

 ろう付後の母材の汚れが目立つ  炎のまぶしさが弱まる
タンク内のエバックスが変色している 理由不明の不具合品の発生が多くなる
ロウ材の流れが悪くなったり不要部にロウが流れ始る
加工数や加工時間が設定基準に達成した時

エバックスの諸情報

エバックススの効力低下と取替え時期

容器と容量